バイオエタノールについて

「バイオエタノール」とは、バイオマス(トウモロコシ・サトウキビ等の植物由来の資源)からつくられるアルコールの事で、バイオマスを発酵・蒸留する事でつくられます。 「バイオマス」は生物資源(バイオ)の量(マス)を意味し、上記のような植物の他、わらやもみ殻、家畜糞尿、下水汚泥、廃食用油など、動植物由来のエネルギー源として利用もしくは再利用できる有機系資源を指します。バイオマスから生成される燃料がバイオ燃料と言い、「バイオエタノール燃料」はこの一種になります。 石油等の化石燃料のように限りある資源を使う事がない為、枯渇しない「再生可能資源」として注目されている燃料です。

バイオエタノール燃料がエコな理由

バイオエタノールが燃焼すると、二酸化炭素が発生します。
この二酸化炭素は、バイオエタノールの原料となる植物によって吸収され光合成によって植物を生長させる糧となります。石油などの化石燃料のように有害な物質を排出することがなくエネルギーの生成と燃焼を繰り返すことができる「カーボンニュートラル(燃焼して発生する二酸化炭素と原料が吸収する二酸化炭素が同等の量であること)」な燃料なのです。

バイオエタノール燃料「e-NRG」

「e-NRG」はバイオエタノール燃料で、バイオエタノール暖炉専用燃料です。通気口のないバイオエタノール暖炉専用の配合をしています。そのため、ニオイが少なく長時間の燃焼を実現するだけでなく、色鮮やかで理想的なほの雨を演出します。本サイトと「e-NRG」専用サイトで販売しています。