炎のある暮らし

「EcoSmart Fire」は、2002年にオーストラリアで生まれたバイオエタノール暖炉のパイオニアブランドです。トウモロコシやサトウキビなどを原料としてつくられた燃料「バイオエタノール」を燃焼させる新しいタイプの暖炉です。 燃料であるバイオエタノールは、燃焼しても煙や煤を排出しないため、従来の暖炉に必要であった煙突や、換気設備等は一切不要で簡単に設置出来ます。 バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」は日常生活に安全に炎を取り入れることができ、心安らぐライフスタイルをお届けする製品です。

FREE STANDING

置き型

「EcoSmart Fire」のデザインチームや外部デザイナーによって設計されたシリーズです。 工事が一切不要なため置くだけで設置ができ、制約無しで屋内・屋外で炎と優しい温もりを楽しむことが可能です。

BUILT IN

埋め込み型

BUILT IN(埋め込み型)は、新築時やリフォームリノベーション時に最適で、お客様だけの自由な設計を可能としたシリーズです。 燃焼部でもあるBIOETHANOL BURNERだけを用いたり、BURNER + 筐体をユニット化させてご提供することも可能です。

導入実績

他の事例を見る

「EcoSmart Fire」はそのデザイン性、安全性の高さから、多くの住宅・ホテル・商業施設への導入を実現しております。
「EcoSmart Fire」製品の多くはアウトドアでも使用出来る為、雨風に強く、ホテルの客室、ロビーの他、アウトドアスペースへの採用も多くあります。

EcoSmart Fireを導入しているホテル「星のや富士」の事例画像
HOTEL

星のや富士

HOSHINOYA Fuji
EcoSmart Fireを導入しているホテル「熱海ふふ」の事例画像
HOTEL

熱海ふふ

ATAMI FUFUO
EcoSmart Fireを導入しているホテル「ハイアット ハウス ニセコ」の事例画像
HOTEL

ハイアット ハウス ニセコ

HYATT HOUSE Niseko
EcoSmart Fireを導入しているホテル「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」の事例画像
HOTEL

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

The Lake View Toya Nonokaze Resort
EcoSmart Fireを導入しているホテル「アマン東京」の事例画像
HOTEL

アマン東京

AMAN Tokyo
EcoSmart Fireを導入しているホテル「目黒雅叙園」の事例画像
HOTEL

目黒雅叙園

Meguro Gajyoen
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているCROWN PLAZAのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているFOUR SEASONSのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているHARD ROCKのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているHILTONのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているstarwoodのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているRITZ CARLTONのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているW HOTELSのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているACCOR HOTELSのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているIHGのロゴ画像
  • バイオエタノール暖炉「EcoSmart Fire」が導入されているWYNDHAのロゴ画像

受賞歴

「EcoSmart Fire」のプロダクトはデザイン性を評価され、国内外で数多くの受賞歴を誇ります。

高い安全基準

安全規格を見る

「EcoSmart Fire」は創業以降、常にイノベーションの最先端を走ってきました。
現在も、デザイン、独自性、安全性や環境配慮面で業界をリードする製品を作り続けています。
「EcoSmart Fire」は世界的に普及しているバイオエタノール暖炉業界のパイオニアであり業界の世界標準と検査基準の確立をリードしてきました。
また、製品を安全に操作いただけるよう、特許取得済みの操作機能が付いております。燃料の注入、着火、炎の調整、消火まで、全てにおいて正しい操作ができるよう当社製品には様々な工夫や付属品が搭載されています。
業界で最も厳正に第三者機関による検査を行い、安心を提供するとともに屈指の安全実績を維持しています。

一般社団法人日本バイオエタノール暖炉協会

「EcoSmart Fire」は日本国内で唯一、一般社団法人日本バイオエタノール暖炉協会【JBFA】の厳しい検査基準をクリアしています。
一般社団法人日本バイオエタノール暖炉協会は、日本国内で安心安全にバイオエタノール暖炉を設置いただくために設立された社団法人です。
消防庁をはじめとする関係各省との連携を図り、検査や基準策定、定期的な講習などを行っております。

バイオエタノール暖炉の特徴

1. 心地よい暖房能力

高い暖房能力を有し、15畳から40畳程度までの空間を暖めることが可能です。
これはその他の暖房機器と異なり、熱効率90%以上(※1)という発生した暖気を外部に逃がさない「EcoSmart Fire」だけの特徴といえます。また、「EcoSmart Fire」は燃焼中に水蒸気を発生させる為、冬場の乾燥した時期でも適度な湿度を保ちながら暖をとることも可能。
心地よい暖かさを空間にもたらします。

※1 発生した熱量をどれだけ空間の暖気として取り込めるかという指標 煙突や換気設備等がある暖房機器は熱量の大半をその煙突等で逃がしてしまっている。

2. エコロジー

2. エコロジー「バイオエタノール」とは、バイオマス(トウモロコシ・サトウキビ等の植物由来の資源)からつくられるアルコールの事で、バイオマスを発酵・蒸留する事でつくられます。石油等の化石燃料のように限りある資源を使う事がない為、枯渇しない「再生可能資源」として注目されている燃料です。

バイオエタノールが燃焼すると、二酸化炭素が発生します。
この二酸化炭素は、バイオエタノールの原料となる植物によって吸収され光合成によって植物を生長させる糧となります。石油などの化石燃料のように有害な物質を排出することがなくエネルギーの生成と燃焼を繰り返すことができる「カーボンニュートラル(燃焼して発生する二酸化炭素と原料が吸収する二酸化炭素が同等の量であること)」な燃料なのです。

3. リラックス効果

炎を見るという行為にはたくさんの定説がありその行為が科学的知見を経て、本当に健康につながるのかという点を改めて考察してみました。
実際に「EcoSmart Fire」の本物の炎と偽物の炎[LED]を被験者の方々に見ていただき、脳波にどのような影響を及ぼすのか実験した結果があります。

計測結果は別図の通り、本物の「EcoSmart Fire」の炎を見ると偽物の炎[LED]より※徐波が顕著に表れます。
「EcoSmart Fire」の炎は専用燃料e-NRG(エナジー)をご使用いただく事により綺麗なオレンジ色の炎を演出します。また炎の全体像が見えるデザインの特徴もあり、徐波の発生が得られたと推測出来ます。
この徐波の発生により「本物の炎を見る」という行為がリラックス効果を促し、副交感神経が優位に働きます。副交感神経が優位に働くと自律神経のバランスが整えられるため、ストレスからの解放、免疫力のアップにつながり健康の促進につながります。

※徐波・・【SLOW WAVE】 : 脳波の一つ。特徴として、周波数の低い成分(徐波成分)が中心となる睡眠を徐波睡眠と呼ぶように、起床時に出る脳波としては高いリラックス効果が出でいる脳波を指す。

参考論文
炎を見ることにより脳波に及ぼす影響 (J. Neuronet., 417:1-9, 2019より改変) 東京大学 池谷裕二 教授
使用した製品
EcoSmart Fire [BK5]バーナー
燃料バイオエタノール燃料 e-NRG
実験
株式会社メルクマール / 池谷裕二教授 共同研究

本社・コントラクトショールーム

107-0062

東京都港区南青山4-18-11 FOREST HILLS EAST WING4F

TEL : 03-6721-0160

EcoSmart Fire南青山ショールーム

107-0062

東京都港区南青山4-24-8

TEL : 03-6450-6366

EcoSmart Fire大阪ショールーム

542-0085

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 敬和ビル(ルフレ21)6F

TEL : 06-6258-0177