FAQ

インターネットで販売している 安価な類似品との違いは?

インターネットの普及により安価で「バイオエタノール暖炉」と称する製品が多く出回っておりますが、これは安全規格や保証が無いとても危険な製品です。 バイオエタノール暖炉で安全規格の取得及び第三者機関の試験を経て販売しているのはEcoSmart Fireだけです。

バイオエタノールで本当に暖まりますか?また、どの程度暖かくなりますか?

製品によって異なりますが、EcoSmart Fireが放出する熱量は3.5~4.5kWほどです。従来の暖炉や薪ストーブ等と比較しても遜色のない暖かさが得られますので、十分に暖を取って頂けます。

また、従来の暖炉や薪ストーブは熱量のほとんどが煙突を通して外部に逃げていました。EcoSmart Fireは煙突がない為、熱量が外に逃げる事なく90%以上の熱量を暖に変えることが可能です。

マンションやアパートでも設置出来るのでしょうか?

勿論設置出来ます。煙や煤を排出しないため、煙突やその他の設備工事は不要です。設置して頂くだけで、暖かで美しい炎を満喫できます。

どんなところが「エコ」なのでしょうか?

バイオエタノールを燃焼したときに発生するのは、二酸化炭素と水分だけです。一酸化炭素や有害物質を排出する事がありませんので、エコといえます。また、原料となる植物資源は光合成によって生成される為、地球上の二酸化炭素量を増やしません。こうした概念を「カーボンニュートラル(燃焼して発生する二酸化炭素と、原料が吸収する二酸化炭素が同等の量である事)」と言います。

バイオエタノールはどこで買えますか?注文方法は?

弊社では専用燃料としてエナジーを販売しております。 購入方法はこちらにてクレジットカードもしくはお振込みにて決済頂けます。

燃料に推奨燃料以外のエタノールやガソリン、灯油を入れても大丈夫ですか?

いいえ、推奨燃料以外は使用しないで下さい。推奨燃料以外のエタノールを使用された場合、保証の対象外となりますので、あらかじめご了承下さい。また、ガソリンや灯油は危険ですので、絶対に使用しないで下さい。

ランニングコストはいくらくらいになりますか?

EcoSmart Fireの使用にあたってかかるコストは燃料代だけです。従来の暖炉や薪ストーブで必要だった煙突の整備代やお手入れの費用は一切かかりません。目安として1h=113円〜となります。

電気やガスは一切不要なのでしょうか?

はい、一切不要です。EcoSmart Fireに必要なのは、製品本体と燃料だけです。

EcoSmart Fireは裸火ですが、危険はありませんか?

EcoSmart Fireは国際的な安全規格に加入しており、何万回ものテストにパスした製品です。安全面には絶対の自信を持っておりますので、ご安心下さい。ただし、火を使う商品の為、使用前にマニュアルを必ずご一読下さい。製品自体は安全ですが、取り扱いには注意が必要です。

設置する際に、消防法に関する届け出等は不要でしょうか?

EcoSmart Fire製品のうち置き型製品は火災予防条例上ストーブと同等の扱いとなります。

※埋め込み型製品は届け出が必要な場合もあります。

※火災予防条例は各自治体により異なる場合があります。詳しくはお問い合わせ下さい。

※エタノールは危険物第4類の扱いとなります。保管に際して届け出は不要ですが、80L以上保管される際は消防署への届け出が必要となります。

保証期間はありますか?

未加工、研磨仕上げ、粉体塗装仕上げを含むステンレス製部品には購入日から2年間の製品保証がついています。粉体塗装仕上げおよびクロムメッキを含む軟鋼、セメント、ガラス、レザー、ファブリック、MDF(塗装またはセメント下塗り)には購入日から1年間の製品保証がついています。

換気は不要ですか?

いいえ、換気は必要です。EcoSmart Fireから一酸化炭素は発生しませんが、二酸化炭素は発生します。換気をせずに使い続けると酸素濃度が薄くなる可能性がありますので、1~2時間に一度は換気を行って下さい。